扉付大収納ラック高さ211.1cm幅71~80cm奥行40cm厚棚板(耐荷重30Kg)両開き 扉高さ62.6cm 扉付書斎ラック 大収納ラック【驚きの値段】

Smooth Life

Read Article

頭に「たんこぶ」ができる理由と正しい処置方法!

0件
約 5 分

「狭い場所を通ったら、頭をぶつけた…」「棚から物が落ちてきて頭に当たった…」誰でもこんな経験ありますよね。

痛いだけだならまだしも 、「たんこぶ」ができていたりすると少なからずショックです。また、ただ腫れるだけならいいですが、なかには放っておくと怖い「たんこぶ」もあるんです。

自分や家族に「たんこぶ」ができたとき、あわてず対処できるように正しい知識や処置方法をチェックしておきましょう!

Sponsored Links

【大人気定番商品】扉付大収納ラック高さ211.1cm幅71~80cm奥行40cm厚棚板(耐荷重30Kg)両開き 扉高さ62.6cm 扉付書斎ラック 大収納ラック

「たんこぶ」は医療用語では「(頭部外傷性)頭皮下血腫」または「頭出腫」と呼びます。

つまり、頭部にできた腫れのこと。通常、腕や足などをぶつけるとアザはできますが「たんこぶ」状に腫れることはありませんよね。ではなぜ頭部には「たんこぶ」ができるのでしょうか?

頭部は体の他の部位と比べると骨(頭蓋骨)と皮膚のあいだの筋肉や脂肪が少なく、皮下組織が薄くなっています。

その薄い皮下組織に毛細血管が集まっているので、ぶつけたり衝撃が加えられると血管が傷ついたり破れやすくなります。すると、他の部位と比べて出血量が多くなり、「たんこぶ」となって現れるのです。

画像引用:東海大学医学部脳神経外科

つまり「たんこぶ」の正体は、、頭蓋骨と皮膚のあいだの薄い皮下組織内で行き場を失ってしまった血液とリンパ液がたまったものなんですね。

「たんこぶ」ができた時にチェックすべきこと

もし「たんこぶ」ができたら、最初に危険をともなう「たんこぶ」かどうかを見分ける必要があります。次のような症状があるかどうかチェックしてください。

【大人気定番商品】扉付大収納ラック高さ211.1cm幅71~80cm奥行40cm厚棚板(耐荷重30Kg)両開き 扉高さ62.6cm 扉付書斎ラック 大収納ラック

転倒したり、頭を強くぶつけた時に気を失ってしまうことがあります。脳震盪(のうしんとう)を起こしている可能性もありますので、意識がもうろうとしたり、少しでも意識を失った場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

頭痛や嘔吐がする

頭痛がひどくなったり、嘔吐を繰り返すようなら、頭蓋骨内に損傷を受けていることも考えられます。すぐに脳神経外科かCTやMRIなどの設備を備えた緊急外来を受診しましょう。

痙攣(けいれん)している

けいれんしていたり、目の焦点が合わなかったり身動きできないようなら緊急を要します。この場合は一刻も早く救急車を呼んでください。

出血が止まらない

傷口を消毒して、清潔なタオルなどを当てて止血してもなお出血が止まらななかったり、傷口が大きく開いてしまった場合は脳外科系を受診しましょう。場合によっては縫合手術などが必要なこともあります。

鼻血や鼻水、耳から水分が出る

鼻血の混じったような鼻水や耳から薄い液体のようなものが出てくる場合は、頭蓋骨が骨折して脳や脊髄のまわりの髄液が漏れだしているのかもしれません。すぐに脳神経外科やCTやMRIなどの設備を備えた緊急外来を受診しましょう。

もし、「たんこぶ」ができた直後にこのような症状がなくても、1~3日後に現れることもあります。これらの症状が現れたら、 、必ず受診しましょう。

たんこぶの正しい処置方法

危険な症状をともなわない「たんこぶ」であれば、自分で処置して治すことができます。早めの処置が肝心ですが、その際に決して「たんこぶ」をもんだりしないようにしましょう。

1.冷やす(氷水、保冷剤、砂糖水など)

「たんこぶ」は内出血ですから、冷やして血流を抑えることで出血を少なくし、痛みをやわらげて腫れを引かせることができます。傷がある場合は、まず傷口を消毒して清潔なタオルなどで止血をしてから冷やしてください。

ビニール袋などに入れた氷水や保冷剤などをタオルなどで巻いて冷やすといいでしょう。10分ほど冷やして時間をおき、また10分ほど冷やすといったことを繰り返してください。とくに小さなお子さんには、冷やしすぎで凍傷にならないように注意してあげてください。

また、民間療法に「たんこぶには砂糖水」というのがあります。なんだか迷信ぽいと思いがちですが、実際に砂糖には熱を下げる効果や細胞の緊張をゆるめるといった効果があるそうなんです。「たんこぶ」に塗るときは、砂糖をペースト状にすると塗りやすいようです。

2.入浴や運動は厳禁

入浴や運動などをすると、体の代謝や体温が上がり、血流が良くなります。すると「たんこぶ」の痛みが増したり、腫れが引きにくくなります。

入浴や運動は2~3日は控えた方が無難です。同じような理由で、直射日光にもなるべく当たらないようにしましょう。

3.安静にする

「たんこぶ」ができた直後は元気でも、数時間から数日後に体の異常が出てくる場合があります。出血を抑えるためにも最低6時間は安静にし、数日間は様子をみましょう。

まれに数ヶ月後に異常が現れることもありますから、頭部を打った場合はしばらく体調などに注意した方がいいでしょう。

「たんこぶ」を甘く見ない!

こうしてみると、「たんこぶ」は頭部を打ったときのほんの一症状にすぎないことがわかりますね。

単に「たんこぶ」だけであれば悪化させない限り数週間でキレイに治りますが、それ以外に異常などが現れたら、すぐに脳神経外科系を受診した方が賢明ですね。

とくに後頭部を強く打った場合などは、

、、「たんこぶ」や体の異常が出なくても受診して検査してもらいましょう。

Sponsored Links
URL : TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY コメントをキャンセル

Return Top{yahoojp}nc03-yyp02-wl-zd-1642