★ポイント最大7倍★【送料無料】-事務イス ジロフレックス 313-8039RPS OR プラス品番【313-8039RPS OR】 pls623703-【代引き不可商品】【プラス家具】JAN4977564641825

今日は、しんどさをやりがいに変える方法についてお話してみましょうか。

 

★ポイント最大7倍★【送料無料】-事務イス ジロフレックス 313-8039RPS OR プラス品番【313-8039RPS OR】 pls623703-【代引き不可商品】【プラス家具】JAN4977564641825

しんどい時って、つい「楽をしたい」っていう方向に動きますよね。

嫌なことをやっていたり 《送料無料》 【アベル】120ハイチェスト(重ね)整理箪笥 収納チェスト たんす  格安家具通販 iak【開梱設置サービス無料】、苦しい状態って、どうしても「楽に生きられたら最高」って思うものですから。

でもそれは苦しい状態から、別の苦しい状態に移るだけだと思うんですよ。

 

例えば、学校の体育祭とか部活とかでも、「ちょっとサボる」っていう時間って、楽はできても、面白くなかったですよね。

中途半端に自由を拘束されていて、自由にできないのにやることがない状況って HOME ERECTA ホームエレクター ウッドシェルフ 奥行600×間口750 H2430WM1, H2430WH1, メイプル エンゼルホワイト 高品質 カジュアル おしゃれ 収納 パーツ アクセサリー キッチン 書斎 片付け、、実は一番苦しいんですよ。

仕事だって同じですよね。

「これからあの会社とあの会社に行かなきゃいけない」みたいな状況で、ちょっとサボったとしても、全然楽しめませんよね。

だから、楽をしても面白くも何ともないし、やりがいも出ないと。

 

でも、「しんどい」状況で、さらに「意味」を付け加えるんですよ。

すると、実はサボるよりも集中できて、楽しくなるものだったりします。

例えば私の場合、会社勤め時代は、満員電車がもう最悪に嫌だったんですよ。

でもそこで、「独立するための勉強時間だ」ってことにして、セミナーCDを買いあさって、電車内で聴くようにしたわけです。

すると、時間もすぐに過ぎて、不快な気持ちも忘れて ★ポイント最大7倍★【送料無料】-コクヨ(KOKUYO)ヴィスタ T34エンドパネル(SDV-VS885ELHSNE1)63966718-【代引き不可商品】【コクヨ家具】、しかも能力まで身についちゃったと。

その上、通勤が結構楽しくなったんですよね。

 

私は制作をしていますが 【クーポン対象外】【P2倍】【送料無料】 シャビーウッドファニチャー 棚付きスリムチェスト 25 (アンティークホワイト)(2101726200) 【アンティーク調 輸入家具 収納家具 隙間収納 フレンチカントリー 白 かわいい おしゃれ ヨーロピアン】、ゲーム制作でも本の執筆でも、それなりにしんどいものなんですよ。

「しんどい」だけだと、苦しいですよね。

でも、そこにちょっとしたスパイスを加えると、それが一気にやりがいが出るわけです。

それが、「意味」ということですね。

でも、そこで「作業ペースを落とそう」とかすると 【Sea Boat-シーボート】3段ディスプレイラック*コレクションラック*シャビー家具*コレクションボード*飾り棚*シェルフ*デザイナーズ*古木製*リサイクルウッド*アンティーク家具*アンティーク雑貨*北欧風*レトロ*クラシック*モダン*マリン*KD-13a、はっきり言ってすぐに飽きて、苦しくなって、やめたくなるものなんですよ。

多くの人が、この罠にはまって、モチベーションが下がってるんじゃないかと思います。

 

「意味」はこじつけでいい

その「意味」っていうのは、こじつけでいいんじゃないかと思います。

「これを作れば 、私は億万長者になる」みたいな妄想とか思い込みでもいいでしょう(笑

すると、やる気が出てきて、しんどいのが快感になるんですよ。

全力を出せる時って、80%の力を出している時よりも、はるかに快感ですからね。

 

おそらく、その根底には「自発性」があるんじゃないかと思います。

自発性、すなわち「自分の意志でやっている」と思えれば、面白くなると。

「サボる」ってのは、「やらされている状態」から逃げ切れてはいないんですよね。

それは結局、「やらされている」の延長でしかないと。

でも、「やめる」とか、「自分のためにやる」なら、「自分の意志」になりますよね。

すると、どっちもモチベーションが上がるものなんですよ。

 

そんな風に、「楽しさを見つけ出す能力」っていうのは、「意味をこじつけられる能力」なんじゃないかと思います。

「自分にとって、これをやる意味」を見つけ出しさえすれば、何だって楽しめるんじゃないかと。

そういう能力があれば、しんどい状況って、それほど悪くないような気がします。

 

むしろ、「何もしなくてもいい」という風に、楽で、何も動いていない状況の方が、一番苦しいのかもしれません。

動いていない人を動き出せるようにするのって、すっごいエネルギーが必要ですからね。

その上、中途半端に自由を拘束されていて、、自由にできないのに暇がある、みたいな状況は、もう一番苦しいような感じもします。

一方で、「しんどい」と言いながらも既に動いている人は、結構大きなエネルギーを持っているので、ちょっとした軌道修正だけで、大きな成果を出せるものなんですよ。

 

まとめ

だから、しんどいときは、「楽をする」じゃなくて、「意味」を考えるといいかと思います。

すると、その大きなエネルギーを失うこともなく、いい方向にその力を発揮できるんじゃないかと。

「苦しくて、楽しい」というのが、一番気持ちよくて、快感な状態なんですよね。

 

そう考えると、結構変わるんじゃないかな、とも思ったりもします。

ということで、今日は「苦しくて、楽しいのが一番面白い」、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

By | 2015-03-12T19:30:48+00:00 2015年 3月12日(木)|スピリチュアル|

Related Posts